激しい感情が湧いた時


こんにちは

オーストラリアのハートフォスター よっし〜です。

お元氣ですか?


今日はちょっと重いメッセージかも知れないので、嫌だなあって方はスルーして下さいね。

いつかご自身や周りの方に、お役に立てればと思って書きます。



先週は、身近で大切な人が、突然、交通事故で亡くなり、本当に辛かったです。残された人達の事を考えてまた悲しくなったり、何でこんなことが起こるの?っていう怒りも味わいました。


空海でさえも、弟子が亡くなった時に、悲しくて泣いたと言いますから、人間として生きてる間は、誰もが愛する人の死に直面し、激しい感情を味わいますよね。


泣きながら、怒りながら、同時に、その友人と残された子ども達に、『無条件の愛と祝福』

を送り続けました。



少し落ち着いてきたら、たくさんのTEDxの動画から、他の人が死をどう体験して、

どんなギフトをシェアしてるのか見てみました。人は皆、辛い体験をギフトに変えることができるんですよね。



今回の私の体験で、今みなさんにシェアできるのは二つです。


まず一つは、本当に辛い時には、湧いてくる感情をとことん味わって下さい、ということです。


どんな慰めの言葉も、どんな視点の変換も、その時にはあまり役に立ちませんし、逆に蓋をしてしまうこともあります。その感情を味わいきって、初めてその体験からのギフトを見つけられるんだと思います。


エネルギーヒーリングやサウンドヒーリングで、感情を癒しながら、少なくしながら、味わうのは、心身の負担が少なくていいと思います。私も今回はUEとシンギング・リンにすっごく助けてもらいました。素晴らしいツールがあって、本当にありがたかったです。


もしご自身や周りの方で、そんな辛い時があったら、ただ側にいて、その人が感情を味わうのを見守ってあげて下さい。


もしくは遠くにいる場合は、『心配』の想いではなく、『無条件の愛と祝福』を送ってあげて欲しいと思います。想いもエネルギーですから、必ず届きます。



そして二つめは、この体で生きてる間に、この世界を、ご自身の五感で、十分に味わって下さいということです。


美味しい、気持ちいい、いい匂い、美しい、面白い、という体験をたくさんしてください。


つまり、この陰陽の世界のどちらの体験も深く味わい、人間って、こうなんだ、人生って、こうなんだ、と、ご自身の体で、体験し、味わって、そこから得たギフトを、周りの人とシェアしていただきたいなあと思います。


読んでくださり、ありがとうございました。


愛と喜びをこめて


よっし〜より



Love and care yourself

Self-healing & Self-coaching セルフヒーリング と セルフコーチングで 自由に豊かに楽しく生きる